口コミで話題!鹿児島で評判のいい全身脱毛サロンをご紹介!

未成年でも施術を受けられる鹿児島の脱毛サロン

    

未成年でも施術を受けられる鹿児島の脱毛サロン脱毛というと最近では高校生でも当たり前になってきました。
早い娘なら中学生から脱毛する人もいます。
もちろん高校生だけでなく、専門学校に通う方、お勤めされている方でも通っています。
でも心配なのは「未成年」だから何か制限があるのでは?と考えてしまうことです。
実は最近では学割がある脱毛サロンや15歳からでも通えるサロン、小学生でも通えるサロンがあります。
早い内に脱毛を行うことで、無理に自己処理して将来肌が荒れたり黒ずむこともなく、プールや夏のタンクトップを気後れせずに着ることができます。
今や未成年の方の間でも常識になりつつあります。
中にはお母さんがプレゼントしてくれるケースもあります。
ここではそんな未成年の方が通える鹿児島の脱毛サロンについてご紹介します。

未成年でも脱毛できるサロンは沢山ある!

20歳未満の方でも脱毛できるサロンはあります。
有名店であるミュゼや銀座カラー、脱毛ラボ、エピレも例外ではありません。
ほとんどが16歳以上から脱毛可能ですが、未成年ということでお店ごとに条件が少しずつ異なりますので注意が必要です。
ここでは部位ごとにどんな脱毛サロンがあるのかを解説します。
またどのお店も必ず保護者の同意が必要になります。
サロンによってはカウンセリングから同伴しないといけないとしているところもあります。
行く前には必ずウェブサイトなどで確認するとよいでしょう。

脱毛サロンによっても必要な書類や同意が必要です

脱毛サロンでも色々な承諾方法が存在します。
脱毛サロンによっても脱毛可能な年齢や年齢ごとの承認方法がことなります。
基本的には年齢が低い場合は必ず親権者が同意する・もしくは予約は必ず親権者という場合が多いようです。
以下は代表サロンによる同意方法です。

・親権者同伴か同意書:ミュゼプラチナム
年齢制限が無いので便利ですが、カウンセリング当日契約をする場合は必ず親権者が同伴します。

・親権者同伴か承諾書:ジェイエステ
基本は高校生からの脱毛が可能です。
親権者同伴は必須で、もし契約時に同伴できないなら承諾書が必須になります。
承諾書はカウンセリングのページからダウンロード可能になっています。

・親権者同意書が必須:エピレ・キレイモ・脱毛ラボ・シースリー
エピレが特徴的なのは7歳以上から施術が受けられるということです。
ただし15歳以下は必ず親権者の同席が必要であり、親権者しか予約できません。
15歳から17歳で中学生以上は親権者の同意書を持参します。
18歳以上(高校生以上)も親権者同意書が必要ですが、予約時に電話で同意確認することも可能です。

キレイモも脱毛ラボも年齢制限がありません。
ただしカウンセリング時に親権者の同伴が必要なのがキレイモ(同伴できない時は同意書持参)、脱毛ラボは親権者同意書が必要です。

シースリーは10歳以上から施術可能です。
無料カウンセリングは親権者の同意書が必要です。
また色々な支払いを必要とする場合は親権者の同伴が必須になります。

・親権者同伴か承諾書:リンリン・銀座カラー
リンリンは特に年齢制限を設けていませんが、親権者の同伴が必要になります(もし同伴できない場合は契約承諾書が必要です)。

銀座カラーは年齢が16歳以上で2回以上生理がきた方から可能です。
親権者が同伴できない時は同意書持参が必須です。
ただし契約は5万円が上限になります。

基本的には親権者が同伴するか同意書(承諾書)が必須

未成年といっても年齢制限がないサロンもありますね。
これは母親が娘の脱毛を気にして通うケースも増えており、子供側もプールや体育で恥ずかしい思いをしないで済むということもあるようです。

それだけでなく、最初のカウンセリングで親権者同伴があるかまたは同意書があれば、未成年でも脱毛サロンで施術が受けられます。
特に18歳以上で未成年であっても脱毛が必要になってくる年代は、同意書をもらい支払い方法が明確であれば施術が可能です。

また未成年なので支払い額も低く設定されているサロンがほとんどです。

心配せずに未成年でも通えるサロンが多いので安心です。

 

ランキングはこちら