口コミで話題!鹿児島で評判のいい全身脱毛サロンをご紹介!

注意が必要?脱毛前後の飲酒について

    

注意が必要?脱毛前後の飲酒について

今の時代、自己処理よりも肌に優しい光脱毛を選ぶ人が増えてきました。
そのため脱毛は特別なことではなく当たり前な時代となりました。
週末仲のいい女友達が集まって女子会を開く人が多いのではないでしょうか?
コイバナに花を咲かせるのが楽しいという人もいるのではなあいでしょうか?
そんな楽しい席で欠かせないのはお酒です。
楽しくてついつい飲みすぎてしまっているという人もいるのではないでしょうか。
しかし、脱毛を翌日に控えていたり脱毛をした後も飲酒を控えるようサロンから勧められています。
では、なぜ脱毛前後は飲酒を控えなければいけないのでしょうか?

 

なぜ飲酒をしてはいけないの?

お酒を飲むのは楽しくて、脱毛を前日に控えていてもついつい飲んでしまう人はいますね。
飲んでも特に問題はないだろうと思っているかもしれませんが、実は脱毛前に飲んでしまうとこんなことがあります。

・飲酒をして酔ったまま脱毛をすると気持ち悪くなってしまう事があります。
万が一お店の中で吐いてしまうと、吐しゃ物が脱毛器やベッドや床にかかってしまうと非常に迷惑です。
もし吐しゃ物が原因で機械が故障してしまった場合、弁償しなければいけません。

・脱毛をする部屋は狭いので、臭いが充満してしまいます。
お客さまの中にはお酒の臭いが苦手という人もいます。
なので、その場合はマナー的にも余り良いとは言えません。

・飲酒をすると血行が促進されます。
お肌も火照った状態になりますが、脱毛器で脱毛をすると、肌の内側に熱がこもりやすくなってしまいます。
肌はいつも以上に敏感な状態になっている為、この状態で脱毛をすると強いかゆみを感じてしまう事があります。
かゆみが気になって掻いてしまったら余計に肌にダメージを与えてしまうのでやめましょう。

 

では脱毛をした後にお酒を飲むとどうでしょうか?

・脱毛をした後なら大丈夫でしょうと思ってお酒を飲んでしまうと、飲酒によって肌がかゆくなってしまいます。
お酒を飲むことで血行が促進されてしまうので、肌がかゆいと感じたら、冷たいタオルを使って赤みやかゆみの気になるところを冷やすようにしましょう。
もしそれでも違和感が残っている場合、速やかに医療機関を受診するようにしましょう。

・お酒を飲むと体温は上がります。
体温が上がるとお肌が乾燥しやすくなります。
お肌が乾燥するということは、肌のバリア機能が低下している状態になります。
この状態でもし脱毛をすると肌は荒れやすくなってしまい赤みやひりつきの原因になります。
脱毛が終わったからといって気を抜いてお酒を飲むと、肌が荒れてしまう原因になります。

 

どれくらいお酒を控えればいいの?

体内のお酒が完全に抜けるまでの時間は個人差があります。
なので、はっきりと何時間お酒を控えれば大丈夫という基準をつけにくいのです。
数時間空ければ完全に抜けるという人もいれば、半日あけてもまだお酒が残っているなど個人差があります。
一番安全なのは脱毛をする前日と脱毛当日の合わせて2日間はお酒を控えるといいでしょう。
特に肌が弱い人は、お酒を飲んでしまう事で血行が良くなり、強いかゆみが起こってしまう事があるからです。
サロンへ行くとき誰もが最初はカウンセリングから始めるかと思いますが、カウンセリングの際も脱毛前後のお酒は控えるように言われています。
お酒を飲むことが大好きな人にとってこの2日間の禁酒は辛いかもしれません。
しかし、絶対に副作用がないとも言い切れず、肌は強いから大丈夫という人でさえトラブルになってしまう事があるのです。
夏になればイベントもたくさんあり、ついつい飲みすぎてしまうかもしれませんが、脱毛を控えている時は我慢をするようにしてください。