口コミで話題!鹿児島で評判のいい全身脱毛サロンをご紹介!

脱毛後に肌荒れが起きてしまう原因は?

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/02/08
    

ムダ毛処理をする場合に、自己処理ではうまく処理できず、あまり肌がきれいにならないことで悩む方は、脱毛サロンで脱毛処理してもらうといいでしょう。

プロによる施術ならそり残しもなく、肌をきれいな状態にしてくれます。

ただし、脱毛処理後は、肌荒れしやすい為、きちんとしたケアを行うことも重要だといえます。

 

 

熱で毛根にダメージを与えるため炎症になる可能性

カミソリなどを使い、ムダ毛を自己処理するという場合には、肌に負担をかけないように注意することやそり残しがないように丁寧に剃るということが重要です。

ですが、素人がきれいに剃ろうと思ってもなかなかうまくいくものではありません。

また、自己処理だとそれなりに手間もかかるため、きれいな肌を保ちたい、ムダ毛処理が面倒という場合には、脱毛サロンでプロのスタッフに施術してもらいましょう。

基本、光やレーザーによる脱毛処理を行ってくれますが、これは熱で毛根に対してダメージを与えるため、施術後は肌に対して赤みやかゆみ、炎症になる可能性があります。

特に、毛が比較的太いという場合には、光やレーザーにより反応する部分が多い点からも赤みなどが出やすい傾向があるというのも特徴的です。

 

赤みがでたら肌荒れのサインとみる

脱毛処理後、赤みがでているなら肌荒れのサインとみていいでしょう。

また、肌質によってはかゆみになるケースもあります。

これは炎症がひどくなると出る症状の一つでもありますが、症状が出やすい人、出にくい人がいるため個人差もあります。

必ずしも症状としてかゆみが出るとは限りません。

肌の場合には、体調などによっても肌荒れなどの症状を引き起こすことがあります。

そのため、脱毛処理をする場合でも、体調によって炎症を起こしやすい状態かどうかなど違いが出てきます。

脱毛サロンに通う場合には、定期的に通うことになり、最初の施術では特に問題なくても、体調があまりよくない時に施術してもらったら、赤みが出てしまったというような状態もあり得る話です。

そのため、施術をしてもらう場合には、きちんと体調管理をして体調を整えておくということが最も重要なポイントといえます。

できるだけ肌トラブルが生じないように、自分なりに予防しておくことを心がけましょう。

 

少しでも早く炎症を抑えるためには

基本的に赤みやかゆみといった症状が出たとしても、通常は2日から3日程度で症状が治まるケースが多いとみていいでしょう。

ただし、個人差もあるため、人によっては長引き1週間以上症状が続くといったケースもみられます。

また、少しでも早く症状を抑えたいという場合には、脱毛処理した部位を冷やしてみることや保湿重視のケアをしていくということも重要です。

炎症を起こすということは、熱をもっている状態のため冷やすことで、症状を抑えることにもつながります。

その後、きちんと肌をケアするという意味で保湿をすることで、肌荒れを抑えましょう。

その他にも、飲酒をしないことや入浴を控えるなどいくつか注意点もあるため、把握しておくことが大切です。

飲酒や入浴は血行がよくなり体が温まってしまうため、炎症を起こしている部位の状態の悪化につながるケースもあるため飲酒や入浴は控えるようにしましょう。

 

脱毛サロンで施術をしてもらえば、ムダ毛をきれいに処理してくれるためメリットは大きいといえます。

ただし、光やレーザーで処理する場合には、熱によりムダ毛処理ということになるため、肌が炎症を起こしてしまうと肌に赤みやかゆみといった症状がでてしまうため注意しましょう。

症状が出てしまった場合には、施術をしてもらった部位を冷やすことと保湿をすることで肌の炎症を抑えるようにすることが大切です。

また、飲酒や入浴なども炎症の悪化につながるようなことは、控えるようにすることも重要なポイントといえます。